船橋三番瀬海岸          Back・戻る
☆三番瀬の広大な干潟は渡り鳥の中継地としてセイタカシギなど数万羽が飛来します
今日は晴れていましたが雲は多めです
広々といた三番瀬
水深5m未満の浅い海、潮が引きはじめました
豊富な魚を求めて海鳥や渡り鳥も集まって来ます。
潮が引いて大きな干潟が出現しました。
広角レンズの使い所です。
こちらも広角レンズを使いました。
引き潮で現れる干潟模様が美しい。
時間とともに、いくつ物の干潟があらわれます。
夕日を眺められる干潟何時までも残したいです。
沢山の水鳥が捕食しているようです。
例年2月16〜17日頃と10月27日頃には富士山頂に日が沈むダイヤモンド富士が。
翌日は晴天、空一面に青空が広がる。
光の反射を活かしたいのであれば満潮に日没が重なる時が?
カメラマンも綺麗な干潟をもとめて。
初夏には潮干狩りを楽しむことも。
水鳥の名前はハマシギ???
自然が作り出す造形美。
アクセントに貝殻を置いてみました。
空と海が淡い色で綺麗です。
都会のビル群のシルエットの遥か彼方へ夕日が沈んでいく様子は一度訪れる価値ありです
こんな幻想的な光景に出会えることもあります。
落日のあと富士山が薄らと浮かびあがってきました。
干潟になっているため、条件や時間帯によっては美しい水鏡が現れるかも、
夕日に焼けた穏やかな海で優雅に泳ぐ鳥たち。
海面も夕日で染まり時の流も忘れて、うっとりと眺めてしまいます。
夕日が沈んでしまってからブルーモーメントになります。
開放的な景色を楽しみ、海風を感じながらの撮影でした。


                                                                     ペ−ジTOP


inserted by FC2 system