時期が遅かったせいか、もうすでに巣離れをしている子供のサギもいた、
まだ小さなヒナも多くいて親鳥が餌を運んでくると、
3〜4羽ほどのヒナが一斉に親鳥を取り巻くようにして餌をねだっている、
長年の営巣のためにシノダケの葉が糞害で枯れており、
この調子で行けばこの営巣地も竹の葉が枯れてしまえば営巣出来なくなることを思えば、
この場所が「サギ山」として使えるのも、あと何年の寿命でしょうか。.

                         

inserted by FC2 system