都立殿ヶ谷戸庭園は、国分寺崖線の南側斜面を利用し、湧水と植生を巧みに生かした和洋折衷回廊式林泉庭園で、
公園の名称は、昔、この地が国分寺村殿ヶ谷戸という地名であったことに由来してい ます、
昭和49年に三菱財閥の岩崎家から東京都が購入し、都立公園として有料開放されました、
また園内の「次郎弁天の池」は東京都名湧水57選にも選ばれ、特に紅葉の頃は、見応えのある公園で人気です。

                  

  

inserted by FC2 system