セミは一生のうちで羽化のときが一番美しいと言われています、幼虫は地中にアブラゼミで3〜4年潜っており、
成虫なると1〜2週間鳴き続けて一生を終わります,
ほとんどのセミは夕方に地上に出てきて、日没と同時に羽化を始めます、
幼虫のセミは無防備なため日中だとスズメバチや蟻などに襲われるため、
夜に脱皮を行うそうです、夜の間に羽を伸ばし、夜明けと共に飛び立ちます。
                      

inserted by FC2 system