よく晴れたおだやかな春の日、彼岸を過ぎると、冷たい季節風もおさまり、気温が上がり、
都内の公園や郊外に出掛けると、いろとりどりの草花や木々が、いっせいに花をつける、
春の昭和記念公園は、この時期、新緑の渓流広場を彩るあでやかなパッチワークは、チューリップの花畑、
見る方向によって変化に富んでるので、まるでメルヘンの世界へでも入りこんだような気分になり、
新緑とカラフルな色彩の花畑のなかを、行ったり来たりして撮影してきました。


                      

inserted by FC2 system