冬は一年でもっとも空気が澄む季節、寒さで震える季節でも風景カメラマンには最高の季節で時間帯は朝や夕方だ、
沼は夏とか暖かい季節だと、湖面が低かったり藻が浮いていて汚いのでこの時期が狙い目、
太陽が昇ったり沈んだりする時間帯は光がダイナミックに変わり、風の音を聴覚で感じ、温度を皮膚感覚で感じ、草花の臭いを嗅覚で感じて、
刻一刻と変るグラデションに、引き込まれ何度もシャッターを押す、
最近、自分にとって撮影に行こうと思う気持ちが薄らぎ、出掛けようと思う気持ちが大切だな〜と感じる。

                         

  

inserted by FC2 system