「四季折々の戸隠連峰のシルエットを美しく映す鏡池、写真家の聖地、それが紅葉時の鏡池」という文句が書かれている、
夜行バスに揺られて鏡池をめざすが、途中崖崩れがあり通行止め迂回を余儀なくされ、でも予定通り鏡池に無事着く、
名前の通り夜明けには鏡の水面が朝もやの中から姿を見せ背後にそびえる戸隠山が壮大なスケールで姿を見せると、
逆さ富士ならぬ、逆さ戸隠岳が水面に映り、山の木々まで細かく鏡の反射でも確認できるほど純度の高い鏡状態が見る事が出来ました。

                   

  

inserted by FC2 system